FXでボリンジャーバンドを利用した投資法とは?

 


FXをする上でテクニカル分析というものは必要となってくるのですが、その中のテクニカル指標である、ボリンジャーバンドというものがあります。

 

ボリンジャーバンドはオシレーター系のテクニカル指標なのですが、このボリンジャーバンドを利用した投資方法とはどのようなものなのかをお話しましょう。

 

このボリンジャーバンドというものはテクニカル指標として考案されてから30年しか経っていなくて使用され始めてもまだ他のテクニカル指標と比べて日は浅い状態です。

 

しかし、最近では人気のテクニカル指標として確立してきています。

 

どうして人気になってきているのかというと、全体的な流れを掴むのにとても分かりやすい指標となっていて、こまめにテクニカル分析をしながらチャートを見続けるのが大変な方に向いているので、時間に追われて暇の無い現代人にとってはとても見やすく分かりやすい指標となっているのです。

 

この全体の流れを見られて、チャートを見続けなくても良いというような状況を投資方法で考えたら短期のポジション保有では不可能です。

 

そうなるとスイングトレードのような中長期にわたってポジションを保有し続ける方がボリンジャーバンドの様なテクニカル指標には向いています。

 

一般的にボリンジャーバンドをする際は、移動平均線の手法に加えて考案されたものとして、25日移動平均線が使用されるので、デイトレードのように短期のトレードでするのではなくてスイングトレードのような中長期トレードで利用されることとなるのです。